開運風水 風水で金運よりも健康運を重視する理由

Cielは基本フライングスター風水をメインに鑑定していますが、

同時に使用するのがこの八宅易陣風水です。

一応ブログにその手法とチャートは掲載しましたが、

日本において現在最もポピュラーな風水メソッドであろう、

本命卦(生まれ持った吉凶方位)と宅卦(玄関の向き)、

そして紫白九星はまったく使用しません。

sciencefreak / Pixabay

八宅法と八宅易陣法はちょっと見チャートが相当似ていますが、まったく異なります

用語が同じぐらいでしょうか。。

それでは鑑定の具体的ケースです。

乳がんと卵巣がんになったケースがありました。

宅卦のチャート使用の場合、北西玄関で向きは北で離(り)宅になります。

長時間座ってワークしていたエリアは「生気」で吉エリアとなります。

*このことからもCielは風水でポピュラーな宅卦方法は活用していません。

一方八宅易陣風水のチャートからですと、北西玄関から乾門(ケン)となります。

長時間座ってワークしていたエリアは「五鬼」で凶エリアとなります。

五鬼というエリアで長時間座ってワークされていました。

誤解のないように言っておきますが、五鬼エリアだからと言って

=ガンの症状等が発生するわけではありません。

スポンサーリンク

ある一定の条件下の中でガンの象意がでます。

フライングスター風水チャートからは、山星2に長時間座ってワークされていました。

8運において山星2は病気の星です。

しかも女性に強くでる星です。二黒は坤で女性の星だからです。

実際この方は乳がんを患いました。

幸い乳がんは初期で完治したものの、その後卵巣がんを患っていました。

このようにフライングスター風水が出した病星と言われる山星2のエリアと

八宅易陣風水で出した五鬼、別名ガンのエリアと

一致を見ることができました。

風水をみる際は、チャートを出したら、

1.まず自分の寝室はどこか?

2.長時間ワークしているスぺ―スはどこか?

を確認してみてください。

なぜなら先のケースの方は、お仕事は非常に順調で成功されておりました

実際仕事場として借りていたオフィスそのものの風水はとても良いものでした。

問題は長時間ワークしていた場所でした。

ひとたび病に侵されたら仕事どころではありません。

病気以外でも、様々な障害が立ちはだかることもあるでしょう。

それらをまず廃除することで、

本来のあなた自身のタレントが輝きはじめます。

ですから風水で〇〇をどこに置くの前に、

・ 今不調を感じているならば、
・ もっと稼ぎが欲しいと思っているならば、
・ 出会いが欲しいと思っているならば、
自分が知らずに凶エリアで過ごしていないか

まず確認することが風水の第一段階です。

にほんブログ村 インテリアブログ 風水インテリアへ
にほんブログ村