プチうつも撃退!梅雨を乗り切る開運フード

人の体も運気も五行に影響される

5月が過ぎるとなんとなく中だるみしているところへ、
梅雨の時期到来。こうゆうときやっぱり精神的にもダメージが大きい気がします。

季節は五行で表すことができます。

春は五行でいうと木のエネルギー。

これはグングン芽吹いて青々と成長していく様。
初夏にかけてまさに勢いを増します。

五行のサイクルでいえば、木は水をどんどん吸い上げて成長します。
ということは水分不足に陥りがちになる、ということです。
血液がドロドロになりますから、この時期水分補給はマメにしましょう。

水は五味でいうと塩辛いものとなります。

あまり塩分を取りすぎると浮腫んだりしますから、
控え目にして調整することも大切ですが、汗をかくと塩分を欲するものです。

木の五味は酸味です。

毎日お疲れモードで、疲れが抜けない、
という場合はイメージするのがお酢だと思うのですが、
この時期にぴったりなのが酸辣湯(サンラータン)なんかいいです。

意識しなくてもたぶん自然に体が欲するのではないでしょうか?

夏の火の五味は苦いものです。

夏になるとゴーヤチャンプルとか食べたくなりませんか?
あの苦味を食べると夏だなーって思います。

火の五行って苦味というと日常ではコーヒーですね。

Cielはコーヒーがないと生きていけない、
というぐらい中毒です。
といっても1日に2~3杯なので普通ですね。

旅行に行ったりするときも
パッキングは適当で現地で買えばいいという考えなので、
無頓着なのですが、コーヒーだけは神経質になります。

海外へ行こうがどこに行こうが、
必ず近くにコーヒーがないと落ち着きません。
近くにないときはドリップを買うなり必ず用意します。

スポンサーリンク

コーヒー党はめずらしくないとは思いますが、
これ結構命式に持つ五行や健康に関係しているって知っていました?

自分の命式知っているので、なぜその食材の五味が好きなのか、
無意識なんだけど好む好まざるに関わらず摂取していること多いです。

人によっては過剰になり陰陽バランスが崩れ、
大運が悪かったりすると病気になったりします。

東洋占術学んでいると、すべてのことは陰陽五行で関連しあっている、
となるので応用が効くことから益々深見にハマります^^;

医食同源というように、自然と食材のことも頭にはいります。
薬膳とか、漢方やると全部占術とも絡んでいるので、
メチャクチャおもしろいです。

レモンは鬱を覚醒させる効果があります。

最近鬱から自死のニュースも多いですね。

以前も書きましたが、レモンには覚醒させる作用があるようです。

アロマやレモンスカッシュなどクエン酸も酸味ですから、 まさに梅雨時の木の五行にぴったりです。

ここのところ毎朝絶望的な気分になって目覚めていたので、 相当お疲れだった気がします。

これって鬱の初期症状らしいですね。

その後は食欲減退、睡眠障害になると重症だそうですが。。 朝さえ乗り切るととても元気なんですがね。。

こんなときに外人のトップと面談したり、 今勉強しているテストがあったりと、 プレッシャーがあったかな。

基本頑張らない、というのがモットーですが、

梅雨時の木のエネルギーバランスを乗り切る必要があるようです。

ということで良く通う広東粥の専門店で、迷わずオーダーしたサンラータン。  

普段はエビワンタンか担担麺なのでやはり体が酢を欲っしていたようです。

とってもパワーチャージしてなんか元気回復しました。

香港に春行けなかったけどこれで満足。

*香港これからの季節地獄の酷暑になるのでもう行くとすれば秋以降ですね。

陰陽五行を意識して食材を気を付けてみると体がバランスされて元気になりますよ。