引越し風水 引越ししてからでは遅いんですけど。。

ある日風水見て欲しい。。と知人を介して依頼されたのですが。。

聞くと引越しが決まったので、風水的なインテリアのアドバイスが欲しい

という依頼でした。

引越ししてからでは遅いんですけど。。

Broesis / Pixabay

風水はインテリアよりも、まず住環境含め家のエネルギーの吉凶をみるものであり、

インテリアは二の次ですよ。と説明したうえで、

一応先に図面を拝見しました。

図面を見ていて、北西にトイレがあることに気付きます。

と思いましたが、プライバシーですから根ほり葉ほり聞き出しません。

そう思っていたところ、ご主人の方から、仕事がもう嫌で嫌でサラリーマン辞めます。っと。

どうやら稼いでからではなくて、これから脱サラして考えるパターンみたい。

家も奥様が購入されたものでした。

にゃんこにゃんこ

にゃーるほど。。 でも図面でもわかるんだにゃ~

しかし図面だけではやはり得られる情報に限りがあります。

後日フライングスターチャートを作成したものを持って自宅鑑定へ。

鑑定の際は、最寄の駅から実際に周辺環境を確認しながらご自宅へ伺います。

道路の状況、

周辺の環境、

実際の自宅を拝見して、

チャート以前にNGだらけ。。

スポンサーリンク

フライングスターチャートも家のレイアウトからどうしても避けられない数字がでてきます。

もちろん化殺方法のアドバイスをしましたが、

中古マンションを購入したばかりのクライアント様へ、

早く引越しした方がいい、とは言えません。

最大の努力をして改善案を提案するしかありませんでした。

また悪い箇所をそのまま伝えてしまったら、

これからそこへ住まう方にとっては心理的な思い込みとなって

自らマイナスなことを引き寄せてしまうでしょう。

ですから鑑定の際はコトバには充分に神経を使ってお伝えしています。

家を人体と考えた場合、ファッションカラーや、パワーストーンで外側から

運気の調整したところでたかだか知れています。

もともと持つエネルギーの吉凶にはかないません。

風水が悪いところに住んだとして悪い象意がすぐ出る人とそうじゃない人の違いはあります。

生まれ持って運気が強いとかであればそれほど影響を受けないでしょう。

先のクライアント様からは、1年半ほど経過してから”非常に心身ともに健康で穏やかに生活しています”、

とのご報告をいただき内心ホッとしたものです。

これから風水で引越しを考えているならば、

インテリアよりも、まず家の吉凶が大事なのは言うまでもありません。

100%満足いく風水チャートや環境はないでしょう。

どこかで妥協して凶エリアをインテリア等で工夫して生活するのも風水の知恵です。

たとえ完璧な風水を選んだとしても、

吉凶エネルギーは20年毎、毎年、毎月変化しますから、

一生良い風水もないのですよ。

是非フライングスター風水を賢く活用して引越ししましょう!

にほんブログ村 インテリアブログ 風水インテリアへ
にほんブログ村