引越し風水 風水や神仏を信じますか?

風水や神仏を信じますか?

人は調子が良いときは、人生を顧みたりしません。

病気になったり、

損失が続いたり、

不運が続いてはじめて気になります。

yvonnedsfl / Pixabay

ある事業されている方で毎日奔走していた方が、

相続した家屋を改築して入居した途端に、

脳梗塞で倒れました。

まだ50代に入ったばかりの若さで。

足に後遺症が残りましたが、幸い言語障害は免れました。

日頃から酒タバコ一切取らない方です。

大きな屋敷でしたから、手伝いをされていた方から話を聞いていました。

改築して転居の際、

仏壇の置き場に困りとりあえず階段の下に置いたそうです。

2Fへ上がる階段の下ですから、仏壇をいつも踏みつけている感じですよね。

なぜもっと早く仏壇をしかるべき場所へ設置してあげないのだろうか。

と誰もが感じたものです。

何も先祖様が戒めのために災難を起こさせたとか、そうゆうことを言いたいのではありません。

成功されている方というのは神仏を敬い、

見えない世界だから迷信といって否定はしません。

スポンサーリンク

むしろこちらが驚くほど信心深い方も多いです。

事業されていると浮き沈みもあるでしょうし、

孤独な決断を余儀なくされることも多いでしょうから、

占いを取り入れている上場企業の社長を何名も知っています。

また先の方は地主でもあり日頃から周囲に対して尊大だったのでしょう。

倒れたことを知っても誰も同情や心配の気持ちを見せなかったそうです。

お屋敷を改築して入居したばかりだったのに病床になったこともあってか、

資金繰りにも困ったのでしょう。

結局土地ごと売却して、そのお金の一部でマンションを購入。

お屋敷はせっかく改築したのに取り壊すことに。。

仕事には復帰していますが、

何がいけなかったのだろう、風水が悪かったのだろうか。。

と最近になって嘆くことばを言うようになったとか。

これで少しは神仏や、見えない世界に対する敬意を持つ気持ちになったのでしょうか。

そして人に対する優しい気持ちも。

成功されている方は見えない力にサポートされていることを忘れません。

引越しする場合は、神仏の取り扱いには敬意を持って対処することを忘れてはいけません。

 

 

にほんブログ村 インテリアブログ 風水インテリアへ
にほんブログ村