引越し風水 事故物件でも大丈夫か?

春は引越しシーズンですね。

最近はおひとり様老人が老衰していたりと、

事故物件はめずらしくなくなりましたが、

3dman_eu / Pixabay

引越しする前にどのような方が住まわれていたのかは

一応わかる範囲だけでも確認しておいた方がいいです。

なぜなら前の方の想念が残っていると同じ現象にあう可能性があるからです。

借金で引越し - お金に悪い風水かどうか疑う

離婚して引越し - DVがなかったか、別れの風水かどうか疑う

病気で死亡 - 長患いだったのかどうか、病の風水かどうか疑う

自殺した物件 - うつになるような風水かどうか疑う

上記のようなケースであっても、大がかりなリフォームをした後で、

配置がまったく変わってしまっている等でしたら問題ないと思います。

スポンサーリンク

風水とか、お化けとかまったく気にならない

と豪語していたわたしの知人は、

前の住人が自殺した後だとわかった上で入居しました。

そんなの、全然気にしない~

しかしその後1年もしない間に、彼女の身の上に次から次とトラブルが続き

ふと気が付くと家で”寂しくて、哀しい”気持ちになっている自分がいたと。

はっと気づいた彼女は、そのあと引越ししたことは言うまでもありません。

まったく影響されない人もいるでしょう。

その場合でも、最低限の浄化をすることをおススメします。

近所のお坊さんを読んでお祓いをしてもらうとか、

常に窓を開けて、香を炊いて、浄化する。

亡くなった方の想念がそのまま部屋に居てしまった場合、

風水以前に、新しい住民の生活にも支障がでることがあります。

対処する自信がないのであれば、事故物件は避けるべきです。

事故があったあとに1度でも入居すれば、事故物件と言わなくても良い法律だそうで、

最近はそのための入居者を専属で契約している不動産もあるそうです^^

そのような物件に出会わないためにも日頃から運気を上げて、

ご自身の直感に従って住まいを選択するしかありません。

なんとなく入った瞬間に陰の気が。。と感じたらやめときましょう。

にほんブログ村 インテリアブログ 風水インテリアへ
にほんブログ村