風水で未来がわかる 求職中の風水活用方法

風水でわかる未来の吉凶 年飛星の活用方法

年飛星、月飛星で起こる出来事を予測して
積極的に活用することができます。

求職中だったりするとずっとこのまま変わらないのか、不安になり焦ることでしょう。

今回はお仕事を探していた方が決まるまでのケースをご紹介します。

にゃんこにゃんこ

お仕事探しているんだけど、いつ決まるか不安だにゃ~

cielciel

南西が寝室なのね。

今は体調を整えて前向きに過ごすことで運気を溜めるのよ。

来月はちょうど6-1が南西に大吉のエネルギーがくるの。

しかもビジネス運がもっともいい星なのよ。

目上の方からの引立て運もあるし、吉報が聞けると思うわよ。

今見えないからと言って、焦らないこと。

今行動した結果が、タイムラグがあって現れるとも言うでしょ。

このケースでいえば、そうなのよ。

断易で占ってみましょう!

cielciel

うぁーこれはねぇ、仕事運良過ぎてNGなケース。

にゃんこにゃんこ

よっ良過ぎる?

cielciel

そうなの、何事も陰陽ですからね。

過ぎたるは及ばざるがごとし。。とかいうでしょ。

仕事運良過ぎちゃって、逆に悪いケースなの。

でもね、ずっとということではなくて、時期がこないと動ないのよ。

3月卯月はすごくいいわよ!

スポンサーリンク

ちょっと占い予測だけど、3月の空亡空けからスタートになると思うわ。

どうやっても時期がこなければ動かないこともあるわけです

そんなとき無理やり決めても後が続かなかったり、

その職場がブラックだったりあるでしょう。

実際3月に入り、バタバタとオファーが入り本命にサクッと決定。

なんと!スタート日は断易の占い通り空亡空けの日となったとのこと。

2月は動きがなくてかなり焦った気持ちもでたとのことです。

実際聞いたところ決まらなかった会社の案件がクローズしたりしていたそうです。

この世界は人智では動かせない、動かないことは多々あります。

焦らず今できることをして、ポジティブに動く。

毎月寝室を吉エリアに過ごすことはできないでしょうが、

このように来る未来を予想して、今できることを淡々とこなす。

闇雲に動かないこと。

これができるのもフライングスター風水のワザでありますね!

後日談ですが

占ったのは1月中旬でしたが、2月は動きがなく、

3月に入った途端に、風水で1-6というビジネス運や上司運が良くなった

数件のオファーが入り、本命もすんなり決定したとのこと。

また実際のスタート日も断易のとおり空亡空けとなった。

本人に聞いたところ、大変満足のいく職場に巡り合ったとか。

運気に波はあります。一度沈まないと大きく浮上しません。

このように年と月飛星を利用して目的があれば、

吉方位が来ることを予想して活動したり、自分を鼓舞したりすることで活用できます。

イタズラに落ち込まず、焦らず、風水を活用することが本来の使用方法かと思いますよ。

 

にほんブログ村 インテリアブログ 風水インテリアへ
にほんブログ村