人生のテーマはホロスコープでわかります

大陸風水への最初の扉

最初に風水を教えてくれた講師は、当時台湾へしょっちゅう行かれて学ばれた方で原文から知り得た知識を利用していました。
さながら大学の授業のようで、その方はインテリでもありましたがもちろんオタクでしたね。
てっきり風水といえばDr.コパのような“西に黄色”を学ぶつもり^^;でしたから、心の準備もありませんでしたし、あまりの複雑さと本場の風水に面喰ったものです。

そしてずっと後になってからまさか易をやるようになるとは夢にも思っていませんでしたが、易といえば筮竹というイメージしかなくさも易者って感じでイヤでした。今でも。
おっさんがやるものと思っていました。
ま~Cielが学んだのは筮竹ではなくコインになっただけですが。

そのとき学んだ風水のテキストやプリントはひとつも残っていませんが、だいたい思い出せるんですよ。あのときまったく困難で理解できず時間と授業料だけムダだったな。と思いましたが、凄い知識を学んでいるんだ、ってことはわかっていました。だから1度も休まず授業には出席しました。オモテに出るタイプではないので今でも都会の片隅で独自の寺小屋みたいなのを持って活動していると思います。

フライングスター風水が日本に上陸したのはだいたい10年ぐらい前です。
最近はわずかですが書籍も出回るようになりました。
日本に上陸するもっと10年前にその方からフライングスター風水を学んでいたんだなーって後になってわかりました。当時はフライングスターという名称はなく、玄空飛星でした。

今にして思えば山星、水星の飛星を書いては説明していましたが、理解する方はまったくお手上げでした。お手軽にできるインテリア風水を学ぶつもりだったのが、東洋占術の世界へ入り込む入口になるとは思いもしませんでしたね。
すべて今活用している占術用語はこのとき学んだものがほとんどです。本当に正統派でした。

その後たまたま西洋占星術を学びました。
時間調整のつもりでやむをえず学んだコースで、はじめた以上三重円まで読みたいので
1年かけて学んだ記憶があります。

今でも自分には東洋の方がしっくりくるので星読みよりかは陰陽五行の世界の方が好きです。その割には西洋かぶれのところがあるのですが^^; そういえば中国語も一時勉強してたこともあります。そうそうチャンツィーとかレッドクリフの俳優さんにボイスコーチしてた人でしたね。

スポンサーリンク

ホロスコープはビジュアル的

ホロスコープの良さってビジュアルで見えるってことかな。じーっと観てるとその方のブループリントが浮き彫りになってきます。その方が人生の中で何をプライオリティにするテーマとしてきたかが描いてあるんですね。人生におけるステージがあって(この場合段階という意味ではなく)、どの舞台でメインに過ごすことになるか、ということです。

たとえば
この人は結婚が人生のステージだな、
この人は家族がテーマだな。
この人は自己表現がテーマだな、
この人は仕事が人生のなかでの最大のテーマだな、

とかはっきり見えてくるわけですよ。
あとはトランジット(惑星の運行のヒット)の良し悪しにより運命に翻弄されたりね。

たとえば結婚がステージにある人は、人生の中で何度も結婚離婚を繰り返したり、
自己表現にある人は役者をしていたり、自己顕示欲が強かったり、
その方が良し悪し関係なくウェイトを占めるテーマがわかるんです。

自分が何しているのか、どんなテーマを持って生まれてきたのか、迷子になったりしたときは星読みをするのもいいかもしれない。
自分が生まれ持った道しるべみたいなものですからね。
好む好まざるにかかわらず自分が転生したとき持ってきたテーマなのですから。

因みにCielはどんぴしゃなのでやっぱりね。。です^^;

インド占星術はカルマ論が根強い

インド占星術は西洋占星術とかなり違います。春分点の取り方も違います。
西洋占星術で〇〇座と思っていても、インド占星術で見ると変わることもあります。
Cielは変わるので混乱しました。どっちも自分にあるな~って 笑
これもちょっとばかりかじりましたが、すぐに合わないのでやめました。

インド占星術はカルマの概念が強く、何でもカルマです。
カルマ、カルマってうるさいんだよ!ってことで。やめました。
カルマなんて知ったこっちゃないわー。

因みに望む未来にするには、インド式の改善方法を取らなければなりません。ホロスコープで割り出した宝石を身に付けたり、ホーマという儀式をしたり。そこはインドちっくになります。

スリランカでインド占術で鑑定してもらい宝石デザインの見本を出されました。いづれも非加熱のホンモノのジュエリーですから軽く100万以上でした。
でもホンモノだって担保できるのかなー。。っと怪しくなって作りませんでした。日本で作ってくれるならいいけど。。

因みに知りあいのジュエリーデザイナーは御徒町で非加熱のそれようの石を入手してデザインをしています。どうやら専門業者があるんだそうです。それで作ってあげて不妊で悩んでいた方がすぐ妊娠したという事例を聞いたりしました。

でもね、そのデザイナーさん病気になっちゃんたんですよ。もしかして。。邪気浴びちゃった~??! 

言っときますけどそのせいかどうかわかりませんからね。