伊豆山神社

熱海駅からタクシーに乗車して来宮神社へと告げると

え~?1 あそこはねぇ~。とケチつけだしたので、

これから行くのにそんなこと言われたら(少しイラっ)っと返すと、

いや~伊豆山神社の方が格が上なんですよ~

もちろん伊豆山神社があるのは知ってましたが、遠いかな、っということから、

今回はパスっと思ってたんです。

あまりにも絶賛するのでどれぐらい離れているの?っと聞くと逆方向ですが熱海駅からは同じぐらい、っとのこと。

じゃーそっちへ行ってください!

突然の方向転換。笑

日本で3つめに古い温泉が湧き出たという洞窟へ入り(蒸し風呂)、そのあと山の上へ向かって境内へ。

実際は800段以上の階段を登らないといけませんが。。聞くだけでムリです。

なんでも源頼朝と北条政子が逢瀬していたという赤い桟橋やら、境内脇には二人が座って語った石などもあります。

赤い龍なんてはじめてみた。ここでは火をあらわすそう、白の龍は水。で紅白で温泉がでたということで、伊豆山神社はこの温泉を奉る神社であり、源頼朝と北条政子が逢瀬に使っていたということで縁結びが後付けされたらしい。

紅白の龍はここだけ

ここでは赤い龍は温泉、白い龍は水、紅白合さって温泉ということらしいです。

小泉今日子が最近奉納したという赤い鳥居がありましたが、彼女最近不倫公表したりとぶっちゃけ縁結びで有名?な神社にとって汚点じゃねぇ?って思いますが。。なのでスルーしました。

スポンサーリンク

たしかに山頂にあり風格が感じられます。菊の御紋もあり。

奥宮はさらに20分以上登山するようです。

タクシーの運ちゃんとにかくガイドがうまい。何でも知ってる。地元だから当たり前か。

ほんとに結構な山の上で相模湾を見渡せる絶景である。

お守りは紅白の龍が書かれてある”強運”守り。を一目でゲット。

境内の両脇にある凪の木

これも大変いわれが多く葉っぱの筋が切れないということから固い縁で結ばれるとか、

葉っぱにもオスとメスがあって、お守りにする人もいるそうですよ。

時間にしてちょうどお昼ごろ。この日全国で一番危険なほど暑い猛暑。

そんな時間に境内にいて参拝してました。

白い蝶々のメッセージ

タクシーに戻ると、なんと!社内に白い蝶々がひらひらと後部座席に!

吉兆!!です。 なんか喜んでいる感じがしましたね。

ドライバーさんが一度停めて後部座席のドアを開けると自然に出ていかれました。

それにしても地元の人しかわからないであろう、対向車が来たら絶対ムリってぐらい危険な山道をくねくねと運転して、そのまま当初行く予定だった来宮神社へ。

ドライバーさんへはプラス心付けの金額を上乗せしてここでお別れ。

なんだか伊豆山神社へは呼ばれた気がした。