京都  苔寺・鈴虫寺へ

そうだ!京都へ行こう!っと
思い立ち始発の新幹線で京都へ。

鈴虫寺まで

京都駅から終点まで約1時間。田舎道を歩き山奥にある小さい寺の石の階段は既に長蛇の列となっていた。(汗)
どれぐらい待つのだろうか。。と心配する間もなく、するすると境内へ通された。
ひとり500円です。畳の部屋へ入るなり、テーブルにはお茶とお菓子が並べられていた。

鈴虫の大合唱の中

運よく通されたのが一番前。はじめてでしたが、なんと前には鈴虫が展示されていて、
すごい鳴き声なのだ。(撮影禁止)
すぐに名物説法がスタート。お若い方でいきなり笑いをとる吉本のような感じでしょうか。

今の幸せを感じること

人生とは苦の連続である。気が付くための苦であると仏法は伝える。チャレンジしなければ失敗もない。っとここで(私、失敗しないので)とマネをしたり。。笑。
何度もチャレンジして行動することこそ生きることだと。

今年の甚大な台風被害の影響はまだ残っているとのこと。各地で被災にあわれた方はいまだ不便な生活をされている中こうして京都へ来れること、寺門から80段の石段を登って境内を上がれること、京都観光をしておいしいものを食べること、帰る家があること、どれひとつとっても幸せである今を感じること

そして利他の精神を忘れないこと。という話を時々笑いを入れてた話は肩が凝らず楽しい30分でした。
時々鈴虫の音色でかき消され良く聞こえないほどになる。

白檀の香りの中に不思議な鈴虫の大合唱はとてもとても印象に残る時間でした。
*鈴虫の鳴き声は周波数が異なるようで電話では聞けないそうです。

草履をはく地蔵様へ

住所を伝えて願掛けをすると家まで来てくれるお地蔵様。皆様の沢山の願いを聞き入れていらっしゃる慈悲深いお地蔵様。

スポンサーリンク

体験談とかを見ると、地蔵様を見た、とか、病気回復に願掛けした家族からは手術中病室で鈴虫の音色がうるさかった(実際にはいるわけない)とか、たくさんの不思議体験もあるようですね。

というわけで何でも体験するのが好きですから、思い立って行ってきましたよ。

京都へ来ていて嵐山・渡月橋を渡ってはいても、こんな奥地まで来たのは初めてでした。それなのにこんなに全国知れ渡り多くの参拝者を求引するのはひとえに強力な効果があるからのことでしょう。

開始時間等は書かれていませんが、9:30頃に到着して前回の方たちと入れ替えになり10:00頃には説法が始まったと記憶しています。終了は10:30頃でした。
人数は数えていませんが、100人前後は一度に入った気がします。夕方遅くまで一体何回転するのだろうか。
お坊さん曰く今日のような平日午前中が一番良い、とも言ってました。土日祝日、GW等は避けるようにと。。なんと3時間待ちなんだとか。。

鈴虫の音は心の平安

鈴虫は平安な心の音を再現しようと先代が研究して秋に聞ける鈴虫を1年中聞けるようにしたものらしいです。
不思議と一度聴くとなんというか、ずーっとカラダに印象が残っています。
説法の中でも一番大事なのは呼吸だよと。最近は流行りで座禅とかヨガとか、瞑想が流行りだけど。

でもほんとにすーっと穏やかな音色なんですよね。(虫の姿を見なければ)

今からお礼参りに再訪するのが楽しみです♪