開運瞑想 金運良くなるために瞑想はじめてみた

瞑想流行りですね。

故S.ジョブズの影響かロスの空港に禅ルームまであるらしい。

最近はスピリチュアル系で活躍されている方たちがこぞって瞑想していることもあり、
瞑想がブームのようですね。

わたしが瞑想をはじめたのは、金運が良くなる?!と聞いたから。

どこまでも現世利益追求です。

瞑想で心を健やかに整えて、空(くう)の世界を。。

かそんな高尚なことなどどうでもよくて。

その瞑想したらFXで勝ち始めた、とかあのNYの有名な投資家、レイ・ダリオも長年瞑想してたとか、

瞑想をはじめた動機がほんとにそれです。

それと好奇心からですね。新し物好きですから、何でも体験してみたいと。

doreen_kinistino / Pixabay

さてそんな流れから、3~4年前にFF瞑想を阿部夫妻から伝授されました。

このFF瞑想をやってみようと思った他の理由は他にもあります。

・イスの上でできること。

・座禅を組まなくても良いこと。

・場所はどこでもいい。飛行機に乗っていて上空に近いほど良い。

・あんまり宗教的な縛りや決め事がないこと。

4つのコアオブマントラがありまして、1つ5万かよ。高いな~っと。
それ4つまでやったら20万。目に見えないのにそんなの勿体ない。 ひとつで十分だわ。

とはじめた最初のハートマントラ。

正直利益追求目的のわたしにとっては物足りなさバリバリ。

ただはじめて伝授された後のあのクリアな視界は不思議でしたね。
ベールが一枚も二枚も取れた感じ。
あれ?視力良くなった?!ってぐらい。
ハートにはじまり、ハートに終わると言われているようですが、
実は私には一番出番がないマントラです。まだ刺激が好きなようです^^;

2番目はプロスペリティマントラ

これは丹田を動かすもので、これを伝授されている間 体がぐるんぐるん廻っておもしろかったです 笑

でもこれは最初だけでその後は落ち着きますよ。
激しいマントラのせいか、これが一番苦手、という女性の感想が多くてびっくり。

スポンサーリンク

確かに怒りみたいなものが湧きでてくるというか。 カッカしてくるんですよね。
プロスペリティというだけに豊かさと繁栄をもたらすなんちゃら。。と聞いて、
利益追求ではじめた瞑想だから何としても2番目まで欲しくなるのが自然の流れ。
これ受けようと思っていた矢先に臨時収入がありまして、 あぶく銭でしたので、迷わず受けました。
はじまる前から動いていたのでしょうかね。

これで終わりにするかとおもったのですが、プロスになんか飽きてしまって

3つ目のウィスダムマントラまで受けました。

少し落ち着きたくなったので。 これは愛と叡智ですから。
お金ばかりもだめ、慈悲だけでもだめ。
現代生きるには両方必要なんです、ってことで伝授を受けました。
瞑想するときのマントラとしてはこれが出番が多いかな。

ほんと最初1つで十分でしょ。と思っていたのに半年ぐらいで3つも受けてました。

最後4つ目の統合であるシュープリームマントラ(ネーミングがかわいいのよね)
3つ受けたら人情として残り1つが欲しくなるもの。

その前に阿部夫妻がボブさんのところから円満に独立して、独自で展開しはじめたことから、
ここでとりあえず終了になっちゃんたんですよ。なんか中途半端感いっぱいではあるのですが。。

で肝心の瞑想の効果は?っていうと。。

最初の1年間は結構マジメに朝と晩20分取ってやっていたと思います。
その間何か生活に変化があったか?というと自分ではわかりません。
体感としては残念ながら期待するようなことは何もなかったと思っています。

その後ケガをして完全に中断してしまいました。
ケガや病気したときこそ瞑想することで早く回復するとか聞いてましたが、
とてもショックな気持ちもあり継続する気持ちにはなりませんでした。

それから2年半ぐらいやっていません。

ただ阿部夫妻が毎週会員向けにWeb瞑想を開催してくれて、
唯一それがわたしと瞑想を繋いでくれている感じでした。

瞑想はそれこそ沢山の種類があり、それぞれの教室で様々な手法があるかとは思うのですが、

”誰から”伝授されるか、というのもポイントだなと思います。

わたしは他で開催されている瞑想のことは知りませんので他との比較はできないのですが、
つくづく阿部夫妻にご縁があって今はよかったと思っています。

何がって、”楽しい”んですよね。
阿部さんはたくさんの難しい教義や真理をわかりやすく説明してくれる翻訳者みたいな感じ。

おもしろおかしく話してくれるので肩が凝らず多くのファンがいるのが頷ける。
奥様の智子さんは素晴らしいシンガーで毎回ガヤトリ―マントラを聴くのが本当に楽しみ。

肝心の瞑想はもうやってないし、終わりかなーっと思っていたのですが、
再び火をつける発端となったのが、願望を叶えるガネーシャマントラ。

というわけでこの話は次回の記事で。