あなたの観自在は? 深刻にならないこと

観自在菩薩

観音様の語源らしい
観自在とは自在に観る、自在に在る、ということ。

人間の両端には、
普賢菩薩(ふげんぼさつ) =智慧の神様
観音様(かんのんさま) =慈悲の神様
三位一体で人間は備わっているらしい。

人は何か問題が起こるとそれを解決する集中力も持ち合わせてもいるが、
一方で、自分の人生を悲劇に追い込んでしまうのも自分自身なのだ。

人はとかく深刻にモノゴトをとらえてしまい、そのことに集中してしまう習性があるんだとか。

深刻にとらえないこと

人生は移ろいゆくもの。

そのとき問題だったと思ったことは、俯瞰してみればたいした問題ではないと感じるはず。
今何かに悩まれていることがあれば、引いて自分を見てみる癖をつけることでそれは

問題ではなく、チャレンジに変わるはず。

両輪が必要

智慧だけでもダメ、=頭の良い人は人をコントロールすることさえ朝飯前だ。
慈悲だけでも弱い =優しさだけでは現世は渡り歩けない。

以前某NGO関係者とともにカンボジアに訪問してチャリティの現状を目の当たりにして非常に矛盾を感じたものです。
可哀そうだと言って活動しているその姿は人間として尊く素晴らしい一方で、
寄付のお金が足りたい、足りない、っと年中施されることだけを求めていたその姿に頭が混乱してしまいました。

資本主義経済の世界で、可哀そうだけでは成り立たないのだ、とボランティアやチャリティ活動を見て思ったものです。
自分たちの生活すら困窮するような状態で何がチャリティだと言うのだろう。

因みにその方たちにとっては”お金儲け”の話はご法度でもあるのだ。儲けてしまうと寄付がもらえない、という。

??。。。。。

たとえばカンボジアはかつて地雷も多かったのは世界が知るところですが、
最近は人が住むエリアにはほとんどなくて地雷除去が必要ないんだとか、でもそれを言ってしまえばもう寄付が入らなくなるらしいのだ。

かつてアフリカのどっかでも食糧を恵むことで、彼らは自分で田畑を耕すことはしなくなる、って話も聞いたことがあります。
まずは与えることではなく、魚の釣り方を教えないとね。

人間社会には常に愛とお金は両方とも必要なんですね。

智慧も愛情も

どちらかが欠けてだめ、どちらかが長けてもだめ。

キレイごとを言わない

この体験から、ますます”キレイごと”を言うひとほど信用できなくなったのは言うまでもない。

よかれ、と思って寄付をする内容も自分で調べて吟味するようになった。

確かに世の中お金では買えない尊いことがあることはわかっている。

スポンサーリンク

でも現代のこの地球社会ではお金が必要だということ。

儲けて何が悪い?! あーあの大投資家の記者会見がフラッシュバックしますが。。苦笑

余ったら寄付すればいいわけで、自分の生活さえ困窮する人がボランティアをしている姿より、
余裕のある人が寄付をする、慈善事業をする、というのがほんとうのあり方だと思います。

困った困ったと言ってはお金を生み出そうと、稼ごうともしない某NGOの関係者と同行して、
悲惨な現状だけをなるぺくアピールして、ロータリークラブや支援団体から寄付金を集め、
感謝どころか、これしか寄付がもらえない、と不満ばかり言う彼らのマインドに言葉もありませんでした。

インナーチャイルドを癒すため

たとえて言うならばDV夫婦が、DVされても離れられないという相互依存のような関係があるように、自分より可哀そうな境遇(自分だって困窮しているのに)の子供たちに施しや愛情を与えることで、まるで自分の存在意義を確認している行為にしか見えませんでした。

でそうゆう場所に行くと生き生きして、キラキラしているわけ。
そして元をたどればその方たちの幼少期に起因していることまで知ってしまいました。

あ~やっぱりね、そこか。

施しと愛情が必要なのはあなたの方だったのね。
ボランティア活動することで自分自身のインナーチャイルドを癒しているのでしょう。

世の中合わせ鏡だ。
自分の姿を映し出している世界なのかもしれない。

お気楽に立ち向かう自分

耐えられそうもないような試練がきたら、
或いは自分が”今、谷にいるな~”と感じていたら、俯瞰してみることです。

壮大な輪廻転生のストーリがあるとすれば、今どのあたりにいるのか?
この試練はいかほどのものか。

もう、ムリ。。

なのか、

たいしたことねぇ!

になるのか、それはあなたの観自在によるもの。

因みにあのキャノン(Canon)の会社名って観音が語源だったって知ってました?
確かにこれカンノンとも読めますよね。
観自在、カメラのファインダーを覗く目は千差万別です。人の数ほど見方は異なります。
なるほど、社名を考えた方は意図してつけたのかしらん?っていつも思います。

*昔ルーブルに行ったとき、こんなに人もいなかったし、首がない像だけどとても魅かれたんだよね

ナイキ(NIKE)が航海の女神ニケ像(NIKE)から取ったというのと同じぐらい、へぇ~でしたね。

このニケ像のように、どんなアゲインストにも立ち向かえる自分でありたいね。

そのためにもCielは、せっせと日頃からコイン振って、風水研究して運命ロジックを解明して、時に改善して人生は実験だと思って遊んでいるワケ^^