風水とビジネス戦略はこう考える

今年もDMが届きました

ふしけんから忘れた頃にひょいっとDMが届きます。
メルマガじゃないところがミソです。
手書き効果でしょうか。印字はされてますが、私宛の官製ハガキで届くのでドキッとします。

そして締め切り効果でしょうか。ダメ出しで更に1週間後に2度目のDMが届きます。
たたみかけてくるその内容は心の底から欲しくなる文面です^^;

確かもりけんさん不思議事業始める前に渋谷で文章教室とやらに通って勉強したとかってあったなー。
感情を揺さぶる効果的な文章力を学ばれたんでしょうかね。その効果絶大です。

DMには寅さんセミナーのDVDを保持してないとこれから作る大金持ちになるエッセンスがわかりません、
と書かれていました。
だから所持しないとゲットできないわけです。なので買いました。
確かテキストもあるので割り引いても8万ぐらいです。

いつ出るのかと心待ちにしていましたが気が付くと2年も経過しましたが、
また今年も同じような文面でDMが届きました。

あれ?それよりもりけんさんがまとめたマニュアルいつ出るんだ?
引っ張るのがうまいですねー。

もりけんさんもう67歳だそうですが全然見えないです^^;(2018年現在)
相変わらず若々しくて、気難しくて仏頂面した初老が多いのに、いつも笑顔だからでしょうか。

以前ほど頻繁ではないもののたまにHP覗いたりしてますが、
いつもはつらつとした笑顔で年齢を感じさせないのも魅力です。

今はもっぱら生まれ変わりの話しばかりですが相変わらず悠々自適に生活されているようです。

筋金入りのファン

はい、わたしは筋金入りのもりけんさんのファンでもあるのです。
ですが信者ではありません。笑

六爻を知った15年ぐらい前もりけんさんはピークだったと思います。

年2回の中国ライブ紀行もいつも心待ちにしたものです。
こっちまでワクワクしてほんとに楽しませてもらいました。
どんだけ笑わしてもらったことか。

そのころ頻繁に出た書籍も全部買ったと記憶しています。
サイン会にも2度ほど行き生もりけんと握手(^^♪したり。

中国紀行もしなくなってしばらくしてから中国情勢も激変して日本への爆買いとなり。。
近代化が進む中国になんだか今ではノスタルジーすら感じてしまいます。

地に足を付けたスタンス

もともともりけんさんは事業家ですからリアル事業(IT)でも表彰される程の実績だし、
起業する際に融資を受けた借金を完済して黒字化したうえで、
不思議調査に出た、ということで事業家としてするべきことをしている姿勢がまず好きなんです。

Cielは不思議ばっかり追いかけているオトコもオンナも好きではありません。
そこは地球人としてリアルにお金を稼いで、趣味も楽しむ、というのに好感が持てます。

当時は研究のために女装をしていたこともあり、一見すると怪しいチャラ男に感じるかもしれませんが、すごい硬派だと思います。
本人も語ってましたが、信者を作らないようにしているところも計算づくです。
そうじゃなくてももりけんさんの魅力に集まるファン根強いですからね。

スポンサーリンク

現在は占い(テキストとかグッズ販売)が事業のネタにもなっているわけで、
単に好きだけでやっているわけではなく、戦略やマーケティングを考えて販売しているわけですよ。
会社の売り上げのために。

冷蔵庫の中身で勝負!

そんな話は初期の頃の六爻占術のビジネスのDVDで知ることができます。
神田さんの”90日で儲かる方法”の書籍(当時ベストセラー)を参考にしたり、
経営戦略を考える上で、今ある素材をいかに料理するか。
・冷蔵庫の中身で勝負とか、
・どうやって販売戦略を考えたか、
・六爻をどう利用しているか、

とか若き頃のもりけんさんがボードを前にスピーチしています。
最近フワフワ起業とかあって誰でも出来そうな(実際誰でもできるけど)感じですが、
実際に儲けを継続させられるかどうかは別問題。従業員を背負っていると好きだけではできません。
もりけんさんがいかに事業戦略をしているのか垣間見ることができます。

事業家としてのもりけんさん

もりけんさんご自身は六爻も風水も相当な知識をお持ちですが、
一切鑑定はしません。

あくまでも仲介者としてのスタンスを貫いています。
食える寅さんというネタ元があるからです。

だからいつまでだっても認定プロが出ない事情はそこにあるのでは、と思う。
弟子レベルのハードルが相当高く設定されていることもありますがね。

だからいつまでも大金持ちになる風水マニュアルがでない 笑

DVDでさらっと説明しているのを何度も聞き取り、書き取り理解するしかないのである。

セミナーに参加したこともありますが、何しろ書きなぐりでもノートすることに時間がとられるし、
肝心の理解と把握はその場ではついていけませんから、結局DVDの出番なんですよ。

で最近思うのです。
もう日本人の認定プロは出す気ないんだなーっと。だからモグリで活動している人多数でてきました。
六爻は登録商標なので使えませんが、ブログとか見てると”あーこれそうだなっ”ってすぐわかります^^;
言い回しとか独特ですからね。

もりけんさんも言ってましたが、占い師への販売履歴が多いと言ってました(当たり前ですね)
結構名称は出さなくても参考にしたりしている人かなりいると思います。

でも最近はもうそうゆうことも取り締まらなくなってきたのでしょうか。
偽ブランドならぬ改善グッズ販売も放置だし、どうどうと名称名乗って鑑定している人もいるようですが、
放置プレイ状態になってきました。頭の良いもりけんですから、それも想定内だとしている気がします。

実践会でも”添削”というスタンスです。これならクレームがあっても責任取らなくてすみます。^^;
IT会社であり理系出身のもりけんにとってそうゆうシステム作るのは朝飯前。
独自メディア化、
占い事業のシステム化だったり、
グッズ作成だったり、
欲しくなる文章力にしても、
ほんと具現化させる力というかすごいなーって思います。

六爻占術の魅力

六爻占術で金運を上げる方法

占えば失敗はしない