Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【基礎編】風水これだけわかればOK!

【基礎編】風水これだけわかればOK!

知識ゼロでも基礎から自分で風水調整がわかります。

準備をする

サイトHPのTOP画面にあるとおり、天、人、地、そして応用編へと順番にやってみましょう。

1.図面を用意しましょう。

2.方位磁石で玄関の方向を計測

1.これだけ見れば充分!

1.出入口のドアで決まるエネルギーを知る

玄関のある方角ではなく、玄関の出入口のドアがどこに向かっているかで決めます。

2.自分の生まれ持ったエネルギーを知る

自分の生年月日から、生まれ持った吉凶エネルギーを調べます。

日本生まれの九星気学と風水では変わる場合もあります。また男女により異なりますので、注意してください。

たとえば九星気学では五黄土星でも、風水では一白水星になったりします。

フィルターにかけていく

*上記の1.と2.を重ねてみて、家の吉エネルギーと、自分の生まれ持った吉エネルギーが重なったエリアに寝室等を配置するのがベストです。

また凶方位エリアにトイレや風呂などが配置されていれば、流れますので理想的な間取りとなります。

2.オプションで財運方位

3.玄関の向きで決まる家のエネルギー

3番目の財運方位は、最初の1番目と2番目の考察が終わったら、更にフィルターかけてください。

スポンサーリンク

家、自分、そしてこの3番目のチャートで表される吉エリアが重なれば尚理想です。

住まいの導線が優先

上記3つのフィルターがすべて吉エリアに揃う条件というのは難しいでしょう。

無理やり配置するのではなく、住まいの導線を優先させて考えましょう。

繰り返しますが、

風水の優先順位は

1.住まいのエネルギー

これは玄関の出入口のドアがどこに向いているかで家の吉凶エネルギーは決まっていますので、住む人によって影響に変化するわけです。

2.自分の生まれ持った吉凶エネルギー

ここで自分の生まれ持ったDNA吉凶エネルギーを知り、1.住まいの吉凶エネルギーのどこに寝室があり、リビングがあり、トイレ等があるのか、確認して調整します。

最低限これだけで充分です。

どうでしょうか?

たとえば、2.の自分の吉方位である生気や天医に寝室を配置していたけど、1.の家のエネルギーでは絶命に寝ていた、という場合は、1.家のエネルギーでも吉エリアに移動しましょう。その場合は吉エリアが1と2重なるのが理想です。

オプションとして3.財運方位のフィルターかけましょう。

あれも、これも、と一度に変えようとすると混乱を招くだけです。

風水コンサルタント

どうしても自分が導き出した風水に自信が持てない、わからない、

っと言う方に図面鑑定サポートをしております。

鑑定メニュー