高尾山を2時間で攻略する方法

高尾山を2時間で攻略する方法

秋の行楽シーズン、ただでさえ混雑している高尾山になぜ行くことにしたのか。
それは後述するとして、、まずはそんな混雑はさけられない高尾山をサクサク2時間で楽しむ方法です。

>>以下抜粋
高尾山は「世界一登山客の多い山」と言われています。ミシュランガイドで紹介されてから高尾山の知名度が一気に高まり、登山客も増加しました。年間の登山者数は260万人を超え、富士山やエベレストを遥かに越えて、世界一の登山者数を誇っています。
世界中では年間700万人が登山を楽しむそうですが、そのうち260万人が高尾山に来ると言うのです。

薬王院HPより拝借したMapです。

まずは新宿スタート

京王線の改札で“高尾山キップ”という1,380円、4枚つづりのチケットを購入します。
新宿⇒京王高尾山口の往復と、ケーブルorリフトの往復券となります。

現地ケーブルもICカードも利用できるし(少し割安)なのですが、
駅員にわざわざ確認して聞いたところキップ購入の方が安いそうです。
(このルートの場合です) またこの混雑で事前にキップを購入してないと、キップ買うだけで並ぶことになります。

電車はできれば直通で乗り換えしたくないところですが、直通じゃなくても
急行に乗車すれば1回乗り換えぐらいで済むので迷うこともありません。
トレッキングスタイルで乗車されている方が多いのでので行き先は同じだとわかります。

1時間弱で到着しました。高尾山口の改札を抜ける前にトイレがありますが、すごい長蛇の列です。
改札出ると並んでいますがトイレは2つしかないとのことで係りの方のお声掛けで別のトイレを利用しました。信号を渡って歩きますがそこでしたら並ばなくてすみます。

ケーブル or リフト乗車

駅から徒歩で歩くこと5分~10分、ケーブル&リフト乗り場が見えてきました。
ケーブルの方が既にみたところ軽く30分~1時間待ちという感じでしょうか。
138人一度に乗車可能とのことですが、この列に並ぶのは嫌だし先を急ぎたいところ。

隣のリフトに乗車することにしました。
急な階段を登らないといけくて、しかも誰一人並んでいませんでしたから、
乗車する前にはゼィゼイ言って息を整える間もなく乗車。

ひゃー気持ちいい~、ちょっとスリル~、リフトにして正解。

但し、高齢者や足の悪い方とご一緒の場合は往復ケーブルがいいと思います。

薬王院周辺は神様のテーマパーク

リフト降車後すでに人がいますが、そこから歩いて20分ぐらいで薬王院の本殿へ。
途中から人でサクサク前へは進めない感じです。

途中仏舎利と飯縄大権限像があり、この前でよく護摩祈祷されるようですね

薬王院境内周辺は、人でごった返しています。
どこか懐かしいお祭りの出店みたいな雰囲気という感じでしょうか。 銭洗いがあったり、願掛けも参加型でどれも列をなしています。とても1日では廻り切れないほどです。
お子さん連れが本当に多く、子供が来ても飽きない神社仏閣ですよね。 ワンコ連れも多くトイプードル以外は見たことありませんが。。 

スポンサーリンク

高尾山は天狗で有名

頂上まで20分

薬王院本殿から頂上まで20分とありますが、混雑を考慮するともう少しかかります。
コースもいろいろありますから、ゆるやかなコースを選択して歩きました。

この日10時前に頂上へ到着しましたが、既に腰かける場所がありません。
因みに頂上には神社などはなく、展望広場があるだけです。
田楽やお蕎麦が食べれるお店がありますが、既に満員です。

この日は曇りで富士山は見えず、一休みしたところでさっさと下山。

晴れていればこの先に富士山が見えるはずなんですが。。

薬王院まで戻ると、どんどん人が増えてまっすぐ進めません。

名物のゴマ団子を食して、お茶を飲み、また下山。

これからお昼に向けて登山をするひとたちと交差することになり、すごい混雑となります。
人をよけて歩かないといけないし、前も後ろも人でサクサク思うようにすすめません。

10時30分ぐらいでこの状態です。昼頃はどんな状態なのか想像するだけで嫌ですが。。
帰りはケーブルに乗車したかったのですが、この混雑ぶりでまたリフトを選択しました。

高尾山を2時間で楽しむには

簡単です。早く行くことです。 ケーブルは8時からスタートしています。(シーズンにより変更します)
早めに行けばお団子やお焼きも並ばなくてもゲットできます。遅くなればなるほど並ばないといけません

今回お団子も名物高菜おやきも並ばずに食べることができました。
それでも混雑は避けられませんが、少なくともほとんどストレスなく下山してこれます。
そしてお昼までには新宿に戻ってこれます。

老若男女、世界中から訪れる山だけに、どこか明るく賑やかな雰囲気の山。
どこもかしこもきちんと整備されているので危険な場所もなく気持ちよく楽しめました。 今は紅葉には少し速かったですね。

下山してた後リフトにこれから乗車待ちの列です。ケーブルの方はもっとすごい人数で8時少し過ぎでも並んでいたのに、その何十倍もの人でした。もはや改札すら見えずほんとに1時間ぐらいで乗車できるのかな?

高尾山何十年振りぐらいの再訪で帰りにリフトに乗った記憶以外はほとんどなく。。
正直全然惹かれませんでした。

今回こんな時期になぜ思い立って、というのはある話を聞いてから衝動でした。
ほんとはこの時期の混雑を考えると躊躇していたのですが週末にピン!とくるお知らせがありました。
”いまだ!”っと前日に決めて行きました。その話を聞いてほぼ2日後ということになります。

そのある話とはヒミツです(^_-)-☆

ほんの数時間の厄落としとリフレッシュに良いですね♪