V字出世と金運上昇?!識子さん一押し神社へGO

出世開運に早い神社があった?!

識子さんの読者のひとりです。

いいな、と思うものだけ取り入れて参拝を楽しんいるひとりです。

以前も仕事運急増とのことで錦糸町にある五柱稲荷神社での参拝体験を書きましたが、、最近めっきりこの件には触れていませんね。

因みにこの記事へのアクセスも定期的にあって識子さんファンから検索されてこられることからファンが多いことが伺えますね。

それよりも最近一押しなのが豊川稲荷東京別院です。

実はここも何度か訪れてはいましたが、識子さんがいう奥の院があったことを知らず、

とらや本店もリニューアルされたこともあり改めて再訪してみました。

なんでも識子さんの元夫がここを参拝してからというもの、V字出世しているんだそうで相変わらずその快進撃は止まらずといようなことが日々ブログに綴られております。

良い、となったらそりゃーだれもが参拝するでしょう。

今頃先の五柱稲荷神社はどこふく風でぐっと豊川稲荷東京別院への参拝客が増えたことでしょう。

奥の院を探す

じゃーん、この白いのが奥の院です。

案内図がわからずわたしはこの存在を知りませんでした。

最初は本殿へ参拝してましたが、識子さんがいうダキニ天様とやらどこへ??!

と何度もうろうろ、キョロキョロしてました。

境内はアミューズメントパーク

境内には大黒様もいれば、五円玉授与してくれる摂社もあれば、

銭洗いまであるので、いろいろと楽しめるのですが、

奥の院がここだとは実は気づかなかったのです。

ここでシャランシャラランと普通にお賽銭を投げて祈念していると、どうやらこの中の境内に人がいる。靴も何足があって自由に出入りしていることに気付いたんです。

しかもみなさんこの奥の院をパシャパシャと写メ撮りまくっているので、すぐにわかるはずです 笑

最初は祈祷をお願いした特別な人なのかな、ぐらいに見ていたのですが、遅る遅る近づくと、そこに

ダキニ天様がいる境内なのだとわかったのです。

赤い祭壇にはおいなりさんとか、お菓子とか様々な供物が備えられています。

スポンサーリンク

たぶんがんばれば10人以上は座れるスペースがありますから、ゆっくり座って祈念できます。

そして窓の奥にもうひとつ境内の屋根が見えるのです。

ああ、あれかー、あの中に識子さんがいうダキニ天様がいるのね、っと。

因みに混雑しています

たぶん読者の影響もあるでしょう。

既に奥の院にはひっきりなしに人が入れ替わり立ち替わりです。(汗)

驚くのは30代前後と思われる若い男性が多いということ。

みなさんそりゃーV字出世と聞けば真剣になるでしょうが。

五柱稲荷神社のときもそうですが、我こそ神様とお話できる?!妄想に捉われているのか、なかなか長居する参拝者もではじめました。ブームなので仕方ないですね。

ミーハーなわたしも識子さんが買ったというダキニ天様のレリーフお守りを色違いでゲットして後にしました。

因みに境内奥に占い部屋とかあるんですがよもやま近所のおばちゃんのレベルなのでおススメしません。

とらや本店のバブリーなこと

さて境内の後ろから出るとちょうど横断歩道になっており、反対側に渡り少しいくと

とらや本店がきらめいておりました。

ここもHP見ると待ち時間なんかもでるほどの激混みぶりがうかがえましたから、

心して入りました。

エントランスにはなんと!?外国人女性がペラペラと流暢な日本語でエレベーターへご案内してくれました。

なんとまーインターナショナルな。世界に展開しているだけのことはありますね。

この日は思いのほか空いていまして、すぐに窓側を案内されました。

館内は完全にミュージアムです。ムダと思えるほどのスペースとりまくりで、ホテルのラウンジという感じですね。

贅沢なお店は外人も多く、虎屋の商品はどこにでもありますが、

ここまで来訪するのはひとえに、強ブランド力、という感じでしょう。

祈って、食べて、令和とともに

無難にあんみつをオーダー。

変わらずとても上品な味です。

通された窓からはちょうどはす向かいに今参拝してきた豊川稲荷神社が見えます。

そして反対側には赤坂御所の杜が続いています。

即位パレードはここ通るのかな?(知りません)なんて思いはせながら良い散歩となりました。