自分の運玉を作る

今年は風水的にも誰にでもチャンスが巡る年ですよっと書いてますが、

そう下剋上での続きですが、

運玉とは

識子さんの書籍に“運玉”という話がありまして、なんでも下剋上して天下人になった豊臣秀吉の運の強さは何だったのか?知りたくて秀吉に伺ったところ運玉なるものを育てていたんだとか。

それは錦織の巾着袋に小さな玉を入れてことあるごとにナデナデして育ててうんたら。。でそれがいつしか大きくなるんだとか。内容は書籍で確認してください。ペコ。

でね、書籍読むまで実体があると思っていたので、それが”どこに売ってるんじゃい!”って速攻で動くCielでしたが、それはなんとどこにも販売してなくて、

自分のマインドで作るんですよ。

イメージの世界です。

でね、イメージの中で続くとおもいますか?ブツがないのに。。。

対象物がないと忘れてしまいますよ。

それが人間です。

運玉ほすぃ。。

というわけで3年前の書籍で思わせぶりな”運玉”というご利益たっぷりありそうな書籍でしたが、そのくだりを読んでがっかり。

すぐブックオフに出しちゃって忘却の彼方だったのですが、

下剋上、というコトバで思い出したんですよ。

そうだ、ならば自分で運玉ならぬブツを作ればいいんだっと。

大好きな明治神宮

今回参宮橋の方から入ったのですが、ピシっと結界がはられているのがわかります。

ここはまさしく都会のオアシス。

山奥にある修験者御用達ではありませんので厳しさはありません。

そこは洗練されたたたずまいをいつも感じます。

春節に入ったためか、中国人がほとんど。というか最近どこもそうですね(^^♪

別にいいんですよ。嫌いじゃありません。風水の知識とか全部中国からきたものですからね。

私はある意味大陸中国に対する畏敬の気持ちすらもっています。

スポンサーリンク

あ~中国語がもっとできたら深く中国語で探究できるのになあっと。

お目当てはマイ運玉(お守り)

お目当てはハイ、お守りの”こだま”です。

明治神宮サイト 開運木鈴

あの境内の中へ一歩踏み入れると沢山植樹した木。まるでずっとそのまま昔からあったかのようですが、

すべて人口で作られた森です。

そこでお役目を終えた木から作られたお守りなのです。

じっくり手を合わせ参拝してから、お守り授与へ向かうも。。ない。。お目当てのものが。。

わたし: あの、、”こだま”ありますか?

巫女さん、: はい、ここにあります。

っと見えない下の位置からわずか4~5コ箱に入れられたものを出してきた。

数に限りがあるのかなー。紐も同じカラーのみ、ということです。

模様が全部違うので、ずうずうしかったのですが開けて好きな模様を選びました。

そうこうしているうちに他の参拝者さんも”こだま”ゲットしてましたからね。

私がリクエストしなければその方も知ることはなかったであろうものを先にゲットして生きました。

運が良いヤツ 笑

で、迷わず黄色のお守り袋。

最初からHPチェックしてこの黄色い袋(金運お守りとなっています)にこだまを入れてみようか、って妄想してたんです。

正解! ぴったしでした!カワイイ♪

錦織の巾着はいくつか家にありますし、何か適当な大きさのパワーストーンでも、と

最初考えたのですが、外で出してゴロっと亡くしちゃうこともあるだろうし、

黄色のお守り袋ってなかなかない。

で恒例のおみくじ引いてこれまた苦笑してしまった。

どんな宝石も磨かなければ光輝かない

神様はやっぱりお見通しだわ、わたしのおバカな行動を。

 

一応こだまは鈴なので、かすかな鈴の音がしますが全然目立たなくていです。

これから感謝しながら時々取り出してナデナデして、育てていこうと思います。

マイ運玉。