吉野山の優しさと巳さんとの出会い

吉野で鮎の塩焼き

金峯山寺で蔵王権限ご開帳を参拝後、

プラプラと来た道を歩いていて両端にかわいらしい土産物やら、食事処が点在している。

事前情報で鮎の塩焼きが食べれる、ということで、鮎というのはキレイな水の川じゃないと釣れないと鮎釣り名人から聞いたことがある。当然ですが、この吉野の川がきれいな証拠ですね。

というわけで吉野にきたらランチは鮎の塩焼きと決めていました(笑)

ケーブル降りてすぐに串焼きにして売っています。

でもまず参拝が先、でしたから帰りでもっと思っていました。

お昼処を探していたところ、なんとなくこ洒落た料亭みたいなところ。でもお値段もリーズナブルで。

感じの良いお店の方が快く出迎えてくれました。

季節料理 初音

鮎の塩焼き定食です!どれも上品で美味しくて完食!

桜の季節は絶景だそうです。新緑の山々を見ながらの食事もよかったです。

あとで知ったのですが、このお店ガイドブックにも掲載されていました。

いいことあるわよ~

お腹もいっぱいに満たしたところで新緑の風や匂いを体いっぱいに感じながら、

さらに下山。

お土産屋さんもあったりして、ひょいと覗いた瞬間でした。

たしか最初に上っていたときも気になっていたのがあったんです。

いいことあるわよ~

店主と思われる方が外でほうきではいていたようなのですが、

どこからともなくかけられた言葉に思わず笑ってしまいました。

あっはっは~

巳さん(みーさん)との出会い

そう気になっていたのが白ヘビの置物。

普段からいろんな縁起物に目がないことはこのブログでも結構UPしてますが、

白ヘビの抜け殻とかあっても、置物はない。しかもカワイイ~♪

このとき実は現金の持ち合わせがギリギリでカードを使えるかどうか聞くのもな~、

って感じでした。予定ではあと奈良市内に戻るだけだし、電車はICだし問題ないと思っていたからです。

こっそり残った小銭を数えていました。

小さい方の値段を聞いたら、お皿合わせて600円。買える!!(笑)

これもご縁ですよね。ぴったりの金額があったんですから。

すごく夢中になって店主が私に話してきました。

金峯山寺の脳天大神には行ったの?

あそこがね白ヘビのご神体なのよ。

いえ、450段の階段だと聞いていたので今回は行きませんでした。

いいのよ、金峯山寺と繋がっているんだから、また来たら行けばいいじゃない。

いいことがあるっていう話はとあるお客様からのお話だそうです。

巳さんを枕元に置いて、真言を唱えること、

だそうです。

その方曰く、お地蔵さんは穀物をお供えしないと効力がなく、巳さんは真言なんだとか。

あとゆで卵の話とかダーっとお話してくださいました。

実際その”イイこと”とは何かはわかりませんが、こんな出会いが旅の醍醐味でもあります。

スポンサーリンク

巳さん家に来てうれしいわ。ミーさんという呼び方も初めて知りました。なんかかわいいよね♪

完璧にしない

さ~これで吉野へ次回くる口実ができました。(笑)

なんでもそうですが、完璧せずに少し残しておくのがいい、とかありますよね。

足腰鍛えて次回450段階段を挑戦するためにも金峯山寺へまた来ないといけなくなりました。

更にルンルンになって、帰りのケーブル代金がないので(笑)てくてく歩きました。

七曲りなんちゃら、という通り道です。すんごくクネクネして、結構な下山距離です。

いや~ほんと今日はいきなり山登りでしたね。

帰りは特急は利用せずまっすぐホテルへ向かった。

温泉&大浴場はマスト

今回の宿泊は近鉄奈良となりの駅らしい。。奈良ロイヤルホテルでした。

選択のポイントは”大浴場&天然温泉”です。

やはりあちこち歩いた後の大浴場が病みつきになり絶対外せない感じ。

以前はJR奈良駅直結の日航奈良で今回もギリギリまで検討していたのですが、(ここも大浴場あり)

今回生駒⇒吉野、桜井市近辺は近鉄奈良を中心にした方がいいのでは、と考えたからです。

しかし。。隣の駅からも徒歩10分ぐらいだし、近鉄奈良駅からシャトルがでているとのことで利用しました。夕方の時間だったことから団体客と一緒になりシャトルバスは満席。。

ホテルか近辺で夕食を、、と思っていたのですが、なんと売店もなく、ホテル内は中華、日本食とカフェのみ。コンビニありますか~?!と聞いたところ、すぐ近くにあります、と中国人スタッフ。

オモテに出たところすぐじゃなくて、大通りを挟んで結構な距離を歩いたところでした。

飲食店らしいところもないので、ホテルに来てまでコンビニの弁当かよ~、普段だって食べないのに。。と思いながらも寂しく部屋でチンしたお弁当。

温泉は外からも入れる仕組みになっていて、この日地元もおばちゃんが8割って感じでみんな知れた仲間たちで賑わっていました。たぶん宿泊客の利用の方が少ない気がします。

温泉そのものは単純泉ですが、つるっとして丁度良い温度でよかったです。

しかしやはりシャトルを利用しての移動では身軽さもなく時間が読めません。

朝イチのシャトルで8時、次は8時40分。それに間に合わせて動くしかありません。

このホテルは車利用の方とかには良いと思います。

それにしても男性スタッフはみなご年配ばかりでしたね。フロント対応した女性も直視できないぐらいのブス。思わず固まっちゃいました。え?!

その後のジジイの対応もなんか威圧感あって、もしかして定年でもしてバイトされていてサービス業慣れてないのかな。メトロ外れた場所にあるとコストダウンのためなのでしょうか。

というわけで次回のホテル選定の良い比較材料となりました。

1.生駒聖天 寶山寺

2.金峯山寺 蔵王権限ご開帳

3.長谷寺 観音様ご開帳

4.室生寺 金堂ご開帳

5.大神神社と狭井神社